2007年05月04日

心技体

今の子供たちは私が子供の頃に比べると、 圧倒的にうまいんです、サッカー技術は。しかし、何だか頼りない。背は大きいのだけれども、体の線が細い。すぐケガをする。へこたれやすい。
物事をすぐに諦める。自主性がない。闘争心がない。自己主張ができない。
これではどんなにサッカーが上手くとも、プロ選手にはなることは決してできません。途中までは上手くいっても成長過程において必ず失敗します。私はそのような選手を山ほど見てきたのです。スポーツに大事なものは「心技体」といわれますが、
近年の子供たちはどうもココロとカラダが出来上がっていないように感じます。サッカー教室での指導のなかでの子供たちの態度や、見学にこられているご両親との会話 のなかでつくづく痛感することがあります。それはあまりにも親が子供をあまやかしたり、心配しすぎたりしていることです。結果、子供たちのココロとカラダを弱くさせてしまっている原因になっているのです。
【元Jリーガー服部浩紀直伝】わが子をプロ選手にするための8つの極意
posted by Jleagueplayer at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。