2007年05月04日

子供に光を与えてあげる役目

「子供たちに熱を与えてはいけない。光を与えろ」これは国見高校の監督だった小嶺さんの言葉です。
ここでいう熱とは過度な期待(プレッシャー)であったり、強引な指導方法のことを言います。しかも親の都合で熱というものは冷めてしまうもの。これでは子供はたまりません。
だから光を与える。子供たちを光で照らして方向性を導いてあげるのです。そして、子供に光を与えてあげる役目は他ならないあなた方、御両親しかいません。私がJリーガーになれたのは、もちろん自身の努力もありますが、それ以前の要因として私が育った環境、私を育ててくれた両親のお陰です。そこで今回は、なぜ私がJリーガーになれたのか、そしてなぜ10年以上第一線で活躍してこれたのか、包み隠さずこの秘密を全てを伝えたいと思います。
【元Jリーガー服部浩紀直伝】わが子をプロ選手にするための8つの極意

posted by Jleagueplayer at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40756516

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。